So-net無料ブログ作成

Vol.76 この退職理由OK?

 面接担当者が必ず聞くのが、なぜ会社を辞めたいと思ったか。転職にかける熱意をはかったり、また同じ理由で退職しないかと心配したり。

 よく、退職理由は前向きなものを、と言われるが、実際には今まで務めた会社を辞めたいと思うだけの訳に、そうそう前向きなものは無い。表現と言い換えの問題だったりする。

 今回はNG転職ワードの表現方法を考えていこう。

■【NG1】「上司(同僚)とソリがあわない」

 一番多いといってもいいのに、人事担当者が一番忌避したがるのがこの理由だ。職場は変わっても人間関係のトラブルはつきまとうからだ。対人能力、コミュニケーション能力に問題アリ、とされれば応募者にとってはかなりのマイナス。ではどう言えばいいのか。

→「上司のやり方についていけず、集団でさらに上司に直訴。でも結局上司同士のパイプに負けて、補助の仕事に回される事に。面接では『仕事の進め方で新しいプランを提案したのですが、会社としては別のやり方を採用することになったので』と説明」(商社/Fさん)

 単なるトラブル話に終わらず、「改善を試みた」「仕事の捉え方の違いが分かったので」などと前向きな経過と、結論を導き出す事がポイントだ。

■【NG2】「体調不良」「家族が病身で介護の為」

 深夜残業や休日返上の勤務が続き体調を崩す人は少なく無い。しかしそのまま伝えては同情は得られても、積極的に採用したいと思うかは疑問。

 中にはむしろ

うちの仕事も勤まらないのでは?

 と虚弱体質を心配される事も。かといって、こんな言い訳も危険だ。

→「毎日の勤務がキツく体を楽にしたかったのが第一の理由。でも『家族が老齢で看病の時間が欲しい』と言い繕ったが反応はイマイチだった」(IT/Tさん)

 実はこれは要注意。実際にそういう理由の人には申し訳ないが、家族の健康状態を理由にする人は実に多い。担当者の間では、家族の健康=本人の健康という暗黙の了解のようなものがある程だ。

 体調を理由にするのは注意が必要だ。ここはやはりオーソドックスだが

『休日も潰れる事が多く、本屋にあまり行けません。新しいスキルの習得や情報収集の為にも時間が欲しい』

 といった具合に、「休暇が欲しい」→「得た時間で何をしたいか」に表現を変えるべきだろう。

■【NG3】「年齢が上がると求人が減るので」

 俗に35を越えると求人が減る、と言われているが、年齢制限はもちろん理由になるが、あまりに前に出しすぎると、逆に焦って目標を見失っているという印象を与える

→「応募したい仕事が年齢制限ギリギリだったのであわてて応募。面接では『転職するには時期的にも年齢的にも今しかない、最後のチャンスだと思い決意しました』と表現した」(マスコミ/Kさん)

 今の仕事をなげうってでもやりたい、と逆に決意の固さが伝わる言い回しになったことが、良い結果を産んだようだ。

必勝のための心得

一、人間関係の問題はグチにせず、改善を試みたプロセスと結論を導き出す
一、体調不良系の理由は自分でも家族でも使わない方がベター
一、年齢からの応募は、最後のチャレンジへの意気込みを感じさせる


必勝の一冊!
効いた言い訳効いた言い訳

作者: 伊藤 洋介
出版社/メーカー:ぴあ
価格: ¥ 1,260 (税込)

サラリーマン芸人・東京プリンの伊藤洋介が見た聞いた言った、いいわけエピソード集。かなり無理をして難を乗り切る姿勢が笑えます。

Office Y2 山本ちず

仕事
転職紹介転職スカウト派遣アルバイト就職独立シニア大手企業派遣


2007-05-29 11:10  nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。